FC2ブログ

海外 ニュース

海外ニュース速報 > 未分類 > 欧州、市場開放呼び掛けへ=長期安定政権を期待―海外反響【12衆院選】

最新記事

月別アーカイブ

おすすめ

リンク

欧州、市場開放呼び掛けへ=長期安定政権を期待―海外反響【12衆院選】

2012年12月16日(日)

欧州、市場開放呼び掛けへ=長期安定政権を期待―海外反響【12衆院選】

時事通信 12月16日(日)20時30分配信

 【ベルリン時事】衆院選で自民党が圧勝したのを受け、欧州各国は首相就任が確実な安倍晋三総裁に対し、日欧の経済連携協定(EPA)締結に向け、市場開放を呼び掛けるとみられる。
 欧州連合(EU)は11月、日本側が強く求めていたEPA交渉の開始で合意。2013年の早い時期に日本で開く定期首脳協議で交渉入りを宣言する見通しとなっている。ただ、欧州企業は日本との基準格差から、日本市場は閉鎖的で参入しにくいとみている。EU側は交渉で、このような「非関税障壁」の撤廃を迫る方針だ。
 ドイツ・ベルリン自由大学のベレーナ・ブレヒンガー・タルコット教授(日本学)は、民主党政権になっても日本の政策に大きな変化はなかったと指摘。「自民党政権に戻っても外交は変わらず、日欧関係はこれまで通りだろう」と分析する。
 その一方で、欧州の首脳の間では「首相が毎年のように交代し、個人的関係が築けないとの不満が強い」(外交筋)。このため、欧州各国は安定した長期政権の実現を望んでいる。 



Powered by Yahoo! JAPAN



コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
定期預金貯蓄