FC2ブログ

海外 ニュース

海外ニュース速報

最新記事

月別アーカイブ

おすすめ

リンク

<上海万博>1日開幕へ 189カ国、57国際機関が参加

2010年04月30日(金)

 【上海・成沢健一】中国初の本格的な国際博覧会となる上海万博が5月1日に開幕する。史上最多となる189カ国と57の国際機関が参加し、「より良い都市、より良い生活」をテーマに持続可能な発展の必要性を訴える展示やイベントが予定されている。4月30日には会場内で、胡錦濤国家主席やフランスのサルコジ大統領や韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領ら約20カ国の首脳級が参加する開会式が行われ、華やかな演技や花火で祭典ムードを盛り上げる。

 日本からは仙谷由人国家戦略担当相、初参加となる北朝鮮からはナンバー2の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が上海入りした。

 胡主席は、開会式前に行われた各国首脳らとの夕食会で「改革開放により急速な発展を遂げている中国を世界に示したい。中国は外国の先進的経験を学び、世界と交流・協力の橋をかけるだろう」と述べ、国際社会との協調姿勢を力説した。

 中国が08年の北京五輪に次ぐ国家プロジェクトに位置づける万博は、10月末までの184日間。来場者は、史上最多の約6400万人だった1970年の大阪万博を上回る7000万人と予測する。

 開会式では、会場内を流れる黄浦江で花火が打ち上げられ、大型スクリーンやレーザー光線を駆使して華やかな祭典を演出。イタリアの国際的なテノール歌手、アンドレア・ボチェッリさんら五大陸を代表する歌手が歌声を披露。アジア代表は谷村新司さんが務め、中国でも広く知られるヒット曲「昴」を熱唱する。4月14日の青海省地震で被災した孤児2人も式典に出席する。

Powered by Yahoo! JAPAN



スポンサーサイト



検索フォーム

おすすめ

 
定期預金貯蓄